Planning

施設のプランニングは、ひとつの物語(ストーリー)からはじまります。

たとえば、

「ビーチサイドでサーフトリップ・EXILE DOME」

セットの波がどんどん迫ってくるようなビーチサイドに立つグランピング施設。
海に向かって高低差のあるデッキに5つのドームが設置されています。

夕日が沈み少し、海も赤く色付いている頃、デッキの端っこにあるジャクジーに浸かり、
またデッキチェアーやビーチベッドから、いつも波の状況を見ながら、波が良ければすぐに海に飛び込める、そんなロケーションにあります。

デッキの上では、サーフボードにワックスを掛けていたり、ハンモックに揺られていたり、
連れてきたラブラドールレトリバーと寛いでいたり、みんな思い思いに楽しんでいます。

ドーム郡の中央にはシンボリックなツリーハウスがあって、ここはアフターサーフのみんなのサロンになって、夜な夜な美味しい酒と良い波の話で話題が尽きません。

BGMに流れる、ジェームス・テイラーがやけにマッチしている、そんな空間です。

外には、ロングボード置き場やシャワー施設があります。

そして犬OKのこの施設では大きなドッグランも併設してあって、
パートナーズドッグが、元気よく走り回っています。

アフターサーフでファイヤーピットを囲んでギター片手に談笑しているサーファー達も居ます。

外の駐車スペースには、古いワーゲンタイプ2にロングボードを積んできた、
新しいゲストが到着です。

TVを消し、ノートパソコンを閉じて、エグザイルになった気分で、非日常感のあるドームテントで大人のサーフトリップしませんか。

 
EXILES DOME.jpg
21765363_843419609157557_6470827687577234854_o.jpg
GLAMPING_THE-STORY-OF-HOW-GREAT-HOTELS-CHASE-AIRBNB_81-optimized.png
5a.jpg